松本青年会議所とは?|松本青年会議所 長野県松本市まちづくりボランティア

【副理事長方針】 | Home | 三役方針

【副理事長方針】

社団法人 松本青年会議所
副理事長 渡辺 慎也

自分の子どもの面倒を見るのは当たり前。しかし、地域(まち)の子どもたちにも「声をかけ、目を掛け、心を掛ける(手は掛けずに自立を促す)」人たちがいる。劇的な人口減少に突入した日本、壊れかけた日本や我が地域(まち)に関わる事件を見聞した際に、何かをしなければと自分の考動に結びつける事が出来る人たちがいる。青年会議所(JC)の活動は私たち会員の自由意志に任されています。それ故に、私たち一人ひとりが心の中に社会奉仕の精神を宿し、組織の一員である強い誇りを持ち、互いを思いやる気持ちに溢れ、主体的に率先して地域(まち)を創ろうとする意欲に満ち、壮大な夢の実現に強靭な意志を持って挑戦し続けよう。 

~ 今こそ飛躍の時! ~

【広域的交流拡大室】

【国際交流広報発信委員会】
いまや近代文明の一大転換期にあって世界は緊密に近づいた運命共同体と化しながら、各国間の緊張関係も続いております。JCは世界の恒久平和と国際社会の発展を望み、国境を越えた国際交流を行っております。「和敬の心」をもって、外国人と日本人が国籍や文化の違いを超えお互いが理解し合える地域(まち)(相互扶助精神溢れる地域(まち))を目指し、「明るい豊かな社会」の創造を目指します。松本JCは現在に至るまで長きに渡り台南女國際青年商會との姉妹交流を進めてまいりました。両JCには、揺るぎ無い「友情」と「信頼」が育まれ、そしてその交流は行政間・市民間を巻き込む交流へと波及し交流の輪は広く浸透しています。この交流を活用し、それぞれの地域(まち)・国が発展する事を信じ運動する事で「未来の松本の国際化」に大きく寄与することでしょう。点から線へ、そして、色を施し絵描かれた「2010年故郷の誇り創造会議の未来予想図」にあるように、将来に地域(まち)が輝けるよう意気高く運動の前進をしよう。
普段何気なく見ている景色や町並みも、例えば、歴史を紐解く“目”を持ってみると、歴史の重みを感じ取ることができます。理論や理屈ばかりでは何も変わらない。「人と人が出会い、協働する」単純な事で互いに理解し合い、そこで生まれる笑顔が街を彩ります。
全ての広報活動を通し、松本JCと市民との架け橋となり、全国へ、世界へと発信していきます。
【未来のJAYCEE育成委員会】
地域は閉塞感に覆われ長期の低迷から脱しきれません。諸問題の根底に倫理道徳の荒廃が潜み、生きる指針を見失って心を病む人が増大している事態は憂慮に堪えません。見通しの立たない厳しい状況の中、理念が指し示す未来に向け、夢を掲げて邁進しましょう。夢は描けていますか。何かを創ろうと思う時たくさんの材料の中から選びます。JCではたくさんの機会があります。自ら掴みに行く事で大きな前進があります。健全な精神性と生活の拠り所となる道義の確立こそが全てに優先すると考えます。
JC運動を効果的に行うには会員各々が意見を出し合い切磋琢磨し一人ひとりの秘めている能力を最大限に引き出す必要があります。JCは、地域(まち)づくり、人づくりに対しての考え方やJC運動の捉え方・関わり方は多種多様ではありますが、自らの意思で入会した同志の組織です。JCの可能性を信じ、JAYCEEを楽しみましょう。そして、多くの人々と出会い、伝える事で新たな同志の発掘に繋がります。また、それぞれのメンバーが持つ職場ネットワークや個々の繋がりを活かし、「JCは楽しいぞ!」と伝えられる夢を持ち、実行しましょう。
「地域と時代を牽引する城下町」を実現する為に、市民一人ひとりが、そして、JAYCEE一人ひとりが「城下町 松本人」としての自信と誇りを更に高めていく。倫理道徳観を兼ね備え、地域(まち)を愛し、心身ともに健康的なライフスタイルを持ったJAYCEEを育んでいきます。
【出向者連絡特別会議】
日本青年会議所・北陸信越地区協議会・長野ブロック協議会へと多くのメンバーが出向させて頂きます。それぞれ出向先の活動は多岐に亘りますが、LOMと出向先の活動とが協働・つながりの可能性を持てば幅広い市民意識変革運動へと大きく波紋を残す事でしょう。それぞれのネットワークを構築し、強い絆を持って我が地域(まち)の可能性を広げよう。
「出向」にはLOM内の活動と共に多くの時間を投資しなければいけません。それならばこそ、最大限出向者自身の血となり肉となり帰ってくる事、そして、我が地域(まち)の大きな可能性の模索に務めていきます。

JC運動の原動力は、「自主的参加」です。
全ての事に対して、「楽しく」「大いなる感動を」!
ページトップへ